専門科に依頼しよう【依頼人に代わって個人再生の申立書等を作成】

MENU

3年で返済できる債務整理

説明

家族や会社にバレないか

個人再生とは、裁判所に申し立てをして借金を5分の1〜最大で10分の1に減額して原則3年間で減額後の借金を返済していく手続きです。自己破産のように借金が全額返済免除となるわけではありませんので、減額後の借金を返済していくためにも安定した収入があることが利用条件となります。それ以外にも借金をしてしまった原因がギャンブルや浪費であってもできる手続きであり、任意整理であるとあまり減額が期待できない、自己破産であると借金は帳消しになるが家や車を手放したくないので自己破産は選択できない、そういった方に個人再生は向いています。個人再生は、自分一人で手続きをするには非常に困難な手続きですので弁護士に依頼するのが一般的です。弁護士に相談をされる方の中で、不安なのは家族や会社に債務整理をすることがバレないかどうかです。任意整理であれば、裁判所を介さず弁護士が直接債権者と1対1で交渉してくれるので完全に秘密にして手続きを進めることができます。個人再生は、必要な書類がたくさんあります。配偶者の所得証明や退職金証明書を取得する際に会社にバレてしまう可能性があります。パートをしているなど配偶者に収入がある場合、2ヶ月分の給与明細と家計収支表の提出が必要になるので、別居している無収入であればバレる可能性は低いです。また、官報にも氏名と住所が掲載されていまいます。こちらは、一般の人はまず見ないのでここからバレてしまう可能性は低いです。

Copyright© 2018 専門科に依頼しよう【依頼人に代わって個人再生の申立書等を作成】 All Rights Reserved.