専門科に依頼しよう【依頼人に代わって個人再生の申立書等を作成】

MENU

借金を大きく減額

ウーマン

車や家が残せる

個人再生を弁護士に依頼するメリットは、主に督促が止まる、借金が大きく減額できる、整理する借金の理由は問われない、車や家を残すことができるといったメリットがあります。督促が止まるのは、個人再生だけでなく弁護士に債務整理を依頼して正式に受任した時点で各債権者に受任通知を発送します。すぐにでも止めたい場合は、FAX等で即流します。受任通知を受け取った、債権者である各金融業者は正式に債務者の代理人となったことで今後直接取立ができなくなります。もし取り立てを行うと行政処分を受ける可能性があります。借金が大きく減額できる理由は、個人再生は主に借金額が多い人が行う手続きです。借金額の大きさによって最低返済金額が決まっています。1500万円〜3000万円の借金額であれば最大5分の1まで減らすことができます。任意整理と比較しても減額される金額の大きさが違います。また、自己破産であれば多額の借金を抱えてしまった理由が、ギャンブルやショッピングであるなどの場合免責不可事由となり、免責を受けることができないのです。個人再生は、そのような借金理由に関しては問われることがないのが特徴です。減額には自己保有の財産を一部処分しなければなりませんが、住宅や車を手放す必要がなく一定金額と日常生活用品以外の車や家など差し押せられることはないので、家や車の財産を残したまま整理できます。借金返済で悩んでいるが、そのまま何もせずに悩んでいるだけでは何も解決しないです。弁護士に相談すればすぐに督促は止まります。

Copyright© 2018 専門科に依頼しよう【依頼人に代わって個人再生の申立書等を作成】 All Rights Reserved.