専門科に依頼しよう【依頼人に代わって個人再生の申立書等を作成】

MENU

借金額が多い人の債務整理

貯金箱

300万円からが目安

借金の返済に困っている場合、債務整理という方法がありますが、いくつか種類があります。現在住んでいる住宅や通勤等で使っている車を手放したくない、そのまま残して債務整理をしたい場合には、任意整理と個人再生どちらかを選択することになります。任意整理を選ぶメリットは、過払い金がある人はその分だけ減額できる、裁判所を介しない手続きなので家族や会社にバレずに手続きができる、任意整理をする債権者を選ぶことができる、将来利息をカットできるメリットがあります。個人再生のメリットですが、任意整理と同様に過払い金の分を減額、そして自己保有の財産を一部処分をして借金額を100万円または5分の1までに減額をすることができるので、減額割合は任意整理よりも大きいです。減額割合で考えれば、個人再生ですが住宅や車など日常生活に必要財産以外のものを処分しなければならず、整理対象も選ぶことができないです。そのため、まずは任意整理から検討を行います。一般にどのくらいの借金額から個人再生を選ぶのか、その目安とされているのが借金額が300万円以上からとされています。任意整理ではどうしても返済が解決しにくい、そういった人が個人再生を選ぶ傾向にあります。ただし、一概に借金額の大きさだけで選んでいいのかという問題があります。どの債務整理の方法が、一番合っているのかは借金額だけでなく、収入、財産状況、ローンの種類によっても異なるので専門家に依頼して判断してもらうのがよいです。

Copyright© 2018 専門科に依頼しよう【依頼人に代わって個人再生の申立書等を作成】 All Rights Reserved.